災害時に役立つマグネットシート

■マグネットシートの活用方法で最も主流なのが、広告用のマグネットシート
水道会社、リサイクル会社、デリバリーサービス、外食産業、引っ越し、歯医者さん等様々な業種のマグネットを冷蔵庫等に貼る広告媒体での活用です。
しかし、最近では防災用での活用方法が非常に見直されています。
防災マグネットの言葉でも紹介されています。
特に集合住宅等での活用は年々増えて来ています。
隣近所との交流の少ない集合住宅において非常に重要な役割を発揮するアイテムです。
災害時の使用方法として両面マグネットシートが活用されています。
片面に安全救助不要 片面に救助必要の文字で使用します。
マンション等の集合の場合、玄関ドアにマグネットが付きますので、両面の少し磁力の強力な両面マグネットが良く作成されます。
防災商品には様々な商品がありますが、まず緊急を表すのに防災マグネットシートは非常に有効なアイテムになります。
片面にて2種類(安全・緊急)作成する場合もありますが、片面の場合緊急救助必要の1種類作成するケースが増えてきています。
管理組合が中心になって作成するケースが増えています。
防災意識の高まる中、防災マグネットシートの準備が今後益々増えていくかと思います。
■防災用マグネットのメリット
防災用マグネットは集合住宅の管理組合の方より近年問い合わせが増えています。
サイズ的には名刺サイズからA5サイズの大きめなサイズまで様々な大きさで作成されます。
災害時の安否確認には非常に優れた防災グッズです。絶えず玄関ドアに貼り付けておけばいざ災害時に探す事なく活用できます。
両面タイプですと1枚で済みますので非常に適しています。
片面には安全なので救助不要、もう片面には救助必要の内容で作成し玄関ドアの表に貼ればいいので非常に使い勝手の良い防災アイテムになります。
大きめのサイズで作成すれば目立ちますが、その分スペースも取りますので名刺サイズかもう少し大きめのサイズをお勧め します。
非常に簡単な準備で済む防災マグネットシートは価格も安価で保管場所も使用場所に保管できますので、集合住宅のみならず、一戸建ての家屋でも是非準備頂きたい防災グッズです。
■お勧めの防災用マグネットシート
防災用マグネットシートには様々なサイズや形状のマグネットシートがありますが、お奨めは名刺サイズの両面マグネットシートです。
片面に安全をイメージさせる緑色を活用し、安否確認 不要の文字を目立つように記載します。
そしてもう片面には緊急を表す赤を使用して、救護救援が必要の文字を目立つように配置します。
このタイプであれば1枚で済みますし、大きさ的にも邪魔にならず絶えず玄関ドアに貼っておけます。
片面の場合、安全の緑1枚、救援必要の赤1枚を作成して2枚セットで作成する場合もあります。
他にはA5サイズ(210×148)程度の大きなサイズで救援必要のみ1枚作成する場合もあります。
アイマート|マグネットシート一覧ページへはこちら!