インフルエンザとマスク

インフルエンザとは

インフルエンザとは 一般的に、風邪は様々なウイルスによって起こりますが、普通の風邪の多くは、のどの痛み、鼻汁、くしゃみや咳等の症状が中心で、全身症状はあまり見られません。発熱もインフルエンザほど高くなく、重症化することはあまりありません。

一方、インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛等全身の症状が突然現れます。併せて普通の風邪と同じように、のどの痛み、鼻汁、咳等の症状も見られます。お子様ではまれに急性脳症を、御高齢の方や免疫力の低下している方では肺炎を伴う等、重症になることがあります。

インフルエンザは流行性があり、いったん流行が始まると、短期間に多くの人へ感染が拡がります。日本では、例年12月~3月頃に流行します。

マスクの有効性

インフルエンザの予防にマスクの効果はとても重要です。最近では風邪やインフルエンザ対策以外に防寒やスッピン隠しなどさまざまな使い方がされています。インフルエンザにはマスクは効果がないと言われることがあります。

それはインフルエンザウィルスがガーゼマスクや不織布マスクの生地の目を通してしまうことにあります。しかしインフルエンザの感染経路は「飛沫感染」「接触感染」「空気感染」がありますが、空気感染が原因で感染する可能性はほとんどなく、飛沫感染、接触感染がほとんどです。

インフルエンザ感染者が咳やくしゃみをすることによって空気中に飛んだウィルスを口や鼻から吸い込むことで感染します。ウィルス自体は通してしまいますが、口や鼻を覆うことで飛沫感染や接触感染を防ぐことができます。

また、インフルエンザウィルスは低温と乾燥で活発になりますので喉の湿度を保つことも含め、マスクをするということはインフルエンザ感染予防に効果があるといえます。

アイマート|マスク一覧ページへはこちら!