マスクの効力

マスクの効果

マスクの効果 マスクは使い方によって「医療用マスク」「産業用マスク」「家庭用マスク」の3種類にわけられます。わたしたちの生活に最も馴染み深いのが、カゼや花粉対策として薬局やスーパーなどで売られている「家庭用マスク」でしょう。

家庭用マスク

カゼ、花粉対策や防寒・保湿などの目的で日常に使われるマスクです。素材や形状、サイズなども豊富で、フィルター性能と通気性のバランスがよいため、長時間に渡り、快適に使用できるのも特徴です。

また、中国で問題になっているPM2.5に対応したものはその中で高性能の部類に入り、DS2(日本・厚生労働省)かN95(米国・NIOSH)という規格を満たしたものとなります。たばこの煙も典型的なPM2.5になります。

医療用マスク

主に医療現場もしくは医療用に使用される感染防止用マスクで、外科手術などの際に使われます。

産業用マスク

主に工場などで作業時の防塵対策として使用されるマスクです。工業用マスクや防塵マスクとも呼ばれ、粉塵の量や性質により口や鼻だけを覆うもののほかに顔面すべてを覆うものもあります。


マスクの使用期限

マスクの使用期限 マスクを長時間使用していると雑菌が繁殖します。息によりマスクが湿ってきたり、マスクからニオイを感じたら、交換してください。

使い捨ての不織布タイプのマスク場合は1日1枚が目安です。ガーゼタイプのマスクは洗濯することで再利用できますが、洗濯の際はやさしく手洗いをしてください。
アイマート|マスク一覧ページへはこちら!