マスクの種類

マスクの種類は3種類

マスクの種類は3種類 マスクは医療用マスク、産業用マスク、家庭用マスクの3種類あります。
私たちのくらしのなかで馴染み深いのは花粉症や風邪の時に使う家庭用マスクです。

家庭用マスクは花粉症対策、風邪、保温の目的で使用されるマスクです。形状や素材、サイズなど種類も多く、フィルター機能と通気性のバランスが良く、長時間快適に使用できます。

医療用マスクは医療現場などの手術の時の病原菌の感染防止に使われます。
産業用マスクは工場などで作業する時に粉塵の吸入を防ぐために使われます。口や鼻だけではなく、顔全体をカバーするものもあります。

家庭用マスクの素材

家庭用マスクの素材 家庭用マスクは、フィルター部分の材質により、ガーゼタイプと不織布タイプの2種類にわけられます。

ガーゼタイプは家庭用マスクとして古くから使われている素材で保湿効果の面も優れていて、主に綿織物を重ね合わせたマスクで、最近では中に特殊なフィルタを縫い込んで花粉や細菌が通り抜けるのを防ぐものもあります。

医療用マスクの材質として一般的だった不織布は、最近の花粉症流行によってに瞬く間に普及しました。現在は、家庭用マスクの生産数の90%以上を占めています。

繊維あるいは糸などを織ったりせず、熱、機械、化学作用により繊維を接着したり、からみ合わせた薄いシート状の布のことをいいます。

粒子捕集性や通気性に優れることからマスクのフィルタ部に使われたり、紙おむつや生理用品などに幅広く使われています。
アイマート|マスク一覧ページへはこちら!