マスクはすでに生活必需品!
マスクと言えば、インフルエンザや風邪の予防の時に使われることが一般的でした。
しかしながら、最近では、花粉症のシーズンになると街を歩けば、マスクしている人が大変に目につきます。
また、PM2.5や光化学スモッグに代表される大気汚染が問題となり、マスクが生活必需品となっています。

マスクの種類

何気なく使っているマスク。マスクにはどんな種類があるかご存知ですか? 普段、私たちが良く使用する家庭用マスクの他に、医療現場で使われるマスクや製造現場などで使用される産業用マスクというものがあります。

続きはこちらから

マスクの効力

マスクの効力は、どんな用途や場所で使われるかにより異なります。わたしたちが普段、手にするものは、「家庭用マスク」となり、フィルター性能と通気性とのバランス重視で作られています。

続きはこちらから

インフルエンザとマスク

最近では、PM2.5や花粉症対策などで、マスクを見かけている方が多いですが、インフルエンザの予防にもマスクは効果を発揮します。その理由は、インフルエンザの感染経路が「飛沫感染」、「接触感染」がほとんどと言われているからです。

続きはこちらから

マスクの歴史

マスクの歴史は大正年代に始まります。当初は「工場マスク」といわれ、文字通り工場内での粉塵よけとして作られていました。そのころの製品は、金網を芯に、布地をフィルターとして取り付けたものでした。

続きはこちらから