こちらは、便利屋業者様向けのマグネットシート デザイン見本となります。
 デザインがご用意できないお客様は、こちらのデザインをご使用頂くことが可能です。
 ※ 記載内容、文字の色、大きさ、書体は変更が可能です。

便利屋
デザイン No . HM-020
便利屋
デザイン No . HM-019
便利屋
デザイン No . HM-018
便利屋
デザイン No . HM-017
便利屋
デザイン No . HM-016
便利屋
デザイン No . HM-015
便利屋
デザイン No . HM-014
便利屋
デザイン No . HM-013
便利屋
デザイン No . HM-012
便利屋
デザイン No . HM-011
便利屋
デザイン No . HM-010
便利屋
デザイン No . HM-009
便利屋
デザイン No . HM-008
便利屋
デザイン No . HM-007
便利屋
デザイン No . HM-006
便利屋
デザイン No . HM-005
便利屋
デザイン No . HM-004
便利屋
デザイン No . HM-003
便利屋
デザイン No . HM-002
便利屋
デザイン No . HM-001

たくさんの便利業者様にご利用・お喜び頂いております!

町田市 T様

たくさんの便利業者様にご利用・お喜び頂いております!

宿題代行サービスを主体とする便利屋業をしています。
昨今、小学校では、昔じゃ考えられないくらい宿題を出す先生がいるらしく、お子さんはもちろんですが、その親御さんもとても苦労されているという事が分かり、それに目をつけて起業しました。
起業したての頃はなかなか集客できなくて苦労しましたね。
インターネット、ブログ、SNSといろいろやりましたが、なかなか上手くいきませんでした。そんな中でわかってきたことがあるのです。
それは、お客さんが「ここに頼もう」って思うまでには時間がかかるってことです。何回か悩んだ末、ようやく注文というアクションに入る。
こんなことがわかってからは、パソコンの電源をつけてネットに接続しなくても、常にお客さんの目に止まるような宣伝媒体は無いかなって思っていました。そんな中で、最終的にアイマートさんにたどり着きました。
親しみを持ってもらえるようなものにしたいと思い、トムソン加工で温かみの感じる家をイメージしたデザインのマグネットシートを発注しました。
これが功を奏し、徐々に注文も入り仕事が回っていくようになりました。今は夏休みですし、読書感想文の依頼が多いですね。勉強は大事ですが、それに埋没されることなく、素敵な家族の思い出を作る時間を創出するのに、私たちのサービスが役に立てばいいなと思っています。

川崎市 E様

たくさんの便利業者様にご利用・お喜び頂いております!

お客様のお宅の整理整頓、いわゆる「断捨離」的な仕事を主に請け負う便利屋業をしています。安定した仕事を得るためには当然日々の宣伝活動は欠かせません。
宣伝にあたっては、お客様への訴求度はもちろんですが、仕事の性質上、整然としたイメージを持ってもらえるような手段はないものかと考えていました。
そうしたところ、アイマートさんのマグネットシートが目に止まりました。アイマートさんは様々なタイプのマグネットシートを手掛けられていますが、その中でも、「マグネットメモ」が特に面白いと感じました。
これは、マグネットシートにメモがついているもので、これならば会社の宣伝というだけではなく、お客様の生活そのものに役立つものとしても置いていただけると思ったのです。善は急げということで、早速アイマートさんに注文しました。
販促にあたっては、さらにもう一工夫しました。販促で伺ったお客様やご利用いただいたお客様の手元に複数個のマグネットメモをご提供するようにしたのです。
これはメモ帳としても使える事から、お友達に分けてあげるようなシチュエーションもあり得るのではないかと思ったからです。
案の定、「お客様つながり」での引き合いも出てきており、導入して良かったなと思う次第です。

便利屋業界様のマグネット広告戦略

はじめに

便利屋業界は、過去10年間市場規模が拡大し続け、その市場規模は1兆円とも言われています。
その仕事内容も本当に幅広いものがあり、「チケットを取ってほしい」、「宿題を手伝ってほしい」、「結婚式のスピーチの原稿を考えてほしい、実際にスピーチしてほしい」、「旅行に行く間だけ、おばあちゃんの世話をしてほしい」等、挙げだしたらきりがないほどです。
その沢山ある便利屋の仕事の中でも、定番と言えるのはやはり家廻り関係で、不用品の回収や、粗大ごみの処分、エアコンの取り付けや取り外しや掃除、キッチンや台所、トイレといった水回りで手間のかかる箇所の掃除、草むしり等でしょう。これらの定番と言える仕事は、家事代行サービスと似かよったところがあります。その家事代行サービスの市場規模ですが、大手銀行関連会社の調査によると、将来的には6000億円ほどの市場が見込まれると言われています。さらに、家事代行サービスは、高齢化社会の進行とリンクする形で市場拡大していくと言われております。同様にこれら定番と言える便利屋業も、高齢化社会の進行に伴って、その市場規模はますます拡大していくことが考えられます。

便利屋業界の集客方法

それでは次に、便利屋業界で考えられる集客方法について挙げてみましょう。ここでは、新たに便利屋業を始めた方を対象としたいと思います。テレビCM等は、広告手段の一つとはなりますが、便利屋業を始めた方が最初からCMは現実的に難しいと思われますので、ここでは、そういった手段を取り上げず、出来る限り現実的に考えていきたいと思います。活用可能な集客方法についていくつか挙げてみましょう。

・新聞の折り込みチラシ
真っ先に手段の一つとして思い浮かぶところではないでしょうか。新聞を取っている家庭に対する訴求度は抜群と言えます。が、便利屋業界に限った事ではありませんが、チラシはなかなか見てもらえず捨てられてしまうことが大半であり、なかなか成果を出せないものとなります。

・タウン情報誌への広告掲載
手段としては有効だと思われますが、人によっては全く手に取らない人もいるかも知れないと考えると、新聞の折り込みよりも人目に付く頻度が低い場合もあるかもしれません。

・インターネット
自分の店のホームページを作成して宣伝する方法となります。自分で手間暇かけて作成すれば、非常にローコストで広告が出来上がります。一方で、見栄えのいいホームページを作成するのは自分の腕次第のところがあり、素人が労力をかけてホームページを作成してもそれなりにしかならないというというのが実際のところではないでしょうか。また、SEO対策等ホームページへのアクセスを増やす仕組みを整える必要があったり、信用度を高める為にコンテンツを豊富に用意しなければいけないということがあったりと、思った以上に労力がかかる場合があるという事を覚悟する必要があります。便利屋業を始めたばかりで、ホームページ作成までとても手が回らないという方は、この手段だけの広告宣伝に頼り切らない方がいいかもしれません。

・メールマガジン
コラムのようなものを、登録してくれた読者に定期的に配信することで、提供しようとしているサービスや会社に対する関心を高め、購買行動を促進することを狙ったものです。様々な情報提供をすることにより、「見込み客」から「顧客」に変化するプロセス、いわゆる「顧客化」を促進するものともいえます。提供される情報にオリジナリティがあったり、読者の関心を引くようなものがあったりすれば、非常に有効な手段になりえる可能性があります。反面、サービスにオリジナリティ―がなかったり、文才に乏しく、自らのビジネスを魅力的に文字で表現するのが難しかったりする場合には避けた方がいい手段だと言えます。さらに、便利屋をテーマにしたメールマガジンが読者に選択されうるかということまで考えると、この方法を取り入れていくにはかなりの戦略性が必要と思われます。

・車による広告・宣伝
車に会社名やロゴ、中心となるサービス、電話番号などを掲載して広告する方法です。広告手段としては、かなりクラシックなものと言えるでしょう。街の中で走っている自社の車を見て、会社の存在を認識してもらう方法なので、リアルな感覚を持って認知してもらう手段としては有効です。便利屋のテーマによっては、車による広告・宣伝によって効果を高めることが出来るのではないかと思います。一方で、例えば浮気調査等、テーマによっては、車への掲載が適切ではない場合があり、テーマによって制約を受けてしまうところは、難点と言えるでしょう。

・口コミ、紹介
究極的には、口コミや紹介で仕事が広がっていくのが理想の形と言えます。後にも触れますが、便利屋業界にとっては重要な観点になってくると思いますので、手段の一つとして忘れないで頂きたいところです。

お客様の立場から見た便利屋業界

たくさんの便利業者様にご利用・お喜び頂いております!

さて、ここで観点を変えて、便利屋を利用しようとするお客様の立場になって考えてみたいと思います。
便利屋に頼もうとするとき、一体何が最終的な決め手になるでしょうか。サービスでしょうか。コストパフォーマンスでしょうか。そういったことも大事ではありますが、第一に考えなければならないこと、それは「信頼感」ではないでしょうか。いくらサービスがユニークで良さそうなものであっても、コストパフォーマンスが良くても、最終的に信頼感が湧かなければ、便利屋に何かを頼もうとはなりません。お客様から見たら、大抵の場合、便利屋は初対面です。それに、依頼する内容も、どちらかと言えば困っていること、切羽詰ったことがほとんどではないでしょうか。であれば、信頼感はなおさら必要です。世の中に知られてきた業態とはいえ、引越しや先程取り上げた家事代行、電気工事など他の業界と比べると信頼感が高いとは言い切れないのが実情ではないでしょうか。

便利屋業界にとって有効な広告・宣伝のあり方とは

たくさんの便利業者様にご利用・お喜び頂いております!

ここまで、「広告・宣伝の方法」、「お客様の立場から見た便利屋業界」と触れてきました。これらを踏まえて、便利屋業界にとって有効な広告・宣伝のあり方について考えてみたいと思います。
まず、どうしても外せないのが「信頼感」でしょう。これがないと話になりません。そして、「信頼感」以外に必要な要素としては次のようなものになるのではないでしょうか。

  • 「広告した内容が長持ちすること」
    いつまでもお客様の手元に情報が残っていること、別の言い方でいけば「情報が捨てられないことです。
  • 「手間がかからないこと」
    広告・宣伝は大事ですが、それに過剰な労力を取られて本業が疎かになってしまったら本末転倒です。
  • 「リアルさがあること」
    信頼感と重複するところがありますが、確かにその会社が存在していて、ちゃんとサービスを行っているという実感をお客様に得てもらう事、これも必要です。
  • 「口コミ、紹介につながりやすいこと」
    特に便利屋業の場合は、この形で広がっていくのが理想的です。

マグネットシートを活用した、便利屋の広告・宣伝

では、「信頼感」が得られやすく、お客様の元で情報が長持ちして、手間がかからず、リアル感があって、口コミや紹介にもつながりやすい広告、宣伝はどのような手段が考えられるでしょうか。ここではマグネットシートを活用した広告・宣伝をご紹介したいと思います。
ご存じのとおり、マグネットシートは、名刺ぐらいの大きさで、冷蔵庫など磁石がつくようなところならどこでも張り付けられるものです。
何故、このマグネットシートで信頼感が向上するのでしょうか。それは、名刺の効果と似たようなところがあるかもしれません。ご経験の方もいらっしゃると思いますが、名刺というのは何回も机の上に置かれたりすると、最初は無関心だったのが、だんだんと関心を持つようになってくる、不思議なところがあります。マグネットシートは名刺と同じくらいの大きさで、配りやすいですし、更に壁に貼ることもできることから、何回も何回も冷蔵庫に貼ってあるマグネットシートを見てもらうことで、名刺と同じような形で信頼感を醸成することが期待できます。
さらに冷蔵庫などに貼られることによって情報が長持ちします。名刺を配るのと同じように作ってさえしまえば手間がかからず宣伝できます。さらに、1つの家庭に複数枚配る等の戦略をとれば、口コミや紹介にもつながりやすくなるでしょう。

更に効果を高めるために

マグネットシートによる宣伝効果をさらに高めるには次のような方法があります。

  • シートに顔写真を載せる
    便利屋の社長の写真を載せれば、どんな人が自分の問題を解決してくれるのかが分かります。お客様の信頼感を高めるためにもぜひ取り入れたいひと工夫です。
  • 依頼事例を載せる
    顔写真と同じ効果になりますが、どんな仕事をやってきたかがわかれば、お客様の安心感も増す事でしょう。スペースを考えて、印象に残る文言や作業風景を載せるなどが有効になります。
  • オシャレなデザインにする
    特に女性をターゲットとしているようなサービスであれば、考えてみたい工夫です。マグネットシートは色々な形にできますので、サービスを連想させ、オシャレな感じのデザインにできれば、お客様のガードも下がるでしょう。
  • 便利な機能を追加する
    マグネットシートにはメモ付きのものなどもあります。こうしたものであれば、便利に使ってもらえる可能性は高いですし、ご近所へプレゼントされるアクションを想定して余計に配るのも良いでしょう。

最後に

マグネットシートは、便利屋会社の広告・宣伝において簡単に効果的に行うことが出来ます。ホームページやメルマガなど、ネットでの宣伝は一つの手段ではありますが、効果が出るまでには相当な時間がかかる場合もあります。その点、マグネットシートであれば、ポスティングなどで簡単に宣伝することが出来ますし、頭だけではなく体も使って宣伝することで、宣伝の効果や、更には対象とする地域のニーズなども肌で感じながらのビジネス展開が可能になってくることが期待できます。効果を実感しながら宣伝活動を行う事は、自身のモチベーションを保つうえでも重要なことです。弊社ではマグネットシートで、あなたのビジネスを強力にバックアップ致します。