こちらは、電気工事業者様向けのマグネットシート デザイン見本となります。
 デザインがご用意できないお客様は、こちらのデザインをご使用頂くことが可能です。
 ※ 記載内容、文字の色、大きさ、書体は変更が可能です。

電気工事業者様向け
デザイン No . EC-016
電気工事業者様向け
デザイン No . EC-015
電気工事業者様向け
デザイン No . EC-014
電気工事業者様向け
デザイン No . EC-013
電気工事業者様向け
デザイン No . EC-012
電気工事業者様向け
デザイン No . EC-011
電気工事業者様向け
デザイン No . EC-010
電気工事業者様向け
デザイン No . EC-009
電気工事業者様向け
デザイン No . EC-008
電気工事業者様向け
デザイン No . EC-007
電気工事業者様向け
デザイン No . EC-006
電気工事業者様向け
デザイン No . EC-005
電気工事業者様向け
デザイン No . EC-004
電気工事業者様向け
デザイン No . EC-003
電気工事業者様向け
デザイン No . EC-002
電気工事業者様向け
デザイン No . EC-001

多くの電気工事業者様にご利用頂いております!

江東区 M様

多くの電気工事業者様にご利用頂いております!

以前よりどうやったらお店の認知度が上がると頭を悩ませていました。
広告を出してもすぐにゴミ箱に捨てられてしまったら意味がないし、お客さんの生活に溶け込むような形で自分たちのお店の宣伝ができたらいいなって、漠然とした思いはありました。大体私たちの会社に仕事が来る時っていうのは電気の事でお客さんが困っているときでしょ。そんな時に、お客さんの方でもパッと連絡先が分かって、すぐに私たちのところに電話が来ればいいなと思っていたのですよ。
そんな折、知り合いからアイマートさんの販促マグネットシートのことを聞きました。
ちょっと迷いもありましたが、アイマートさんとよく話をして作ってみることにしました。65cm×45mmのお手軽サイズから始める事にしました。
この前も、だんだん寒くなってきたのにエアコンの調子が悪くなってしまったお客さんがいたのですが、冷蔵庫に貼ってあったマグネットシートの電話番号を見て連絡してくれたことがありました。
マグネットシートのデザインも良かったらしくて、何となく信頼できそうな感じがしたから連絡をくれたそうなのです。
実績があり、ノウハウも豊富なアイマートさんにお願いして良かったなって思った瞬間でしたね。これからも、アイマートさんにお願いしようかなって思っています。

横浜市 H様

多くの電気工事業者様にご利用頂いております!

私たちの会社は「アンテナ工事」とエアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機などの据え付けを手掛ける、いわゆる「家電取付工事」と、2つの仕事を柱としている会社です。
売上の割合は50対50だから両方とも上手く宣伝したい、でも広告を出すのは費用の面でも負担だしどうしようかなって思っていました。
そんな時、販促マグネットはどうかなって思ったのです。
ただ、費用の面ではよかったものの、「アンテナ」と「家電」と両方宣伝するにはマグネットシートではスペースが小さすぎるからって、先延ばしにしてしまっていました。
でも、会社を成長させるには、広告宣伝もおろそかにはできないなって思い、もう一度再検討することにしました。アイマートさんは、知り合いから紹介してもらったのですが、打ち合わせの時にこれまで迷っていたことをアイマートさんにぶつけてみたのです。
そうしたら、アイマートさんの方から「チェンジタイプ」というのを紹介して頂きました。これなら見る角度によって、2つの事が宣伝できるという提案でした。さすが実績のあるところは違うなって思いましたね。
現在では、月数件の新しいお客様から注文が入ってくる状況で、結果にはとても満足しています。今後は、「アンテナ」の仕事をご注文して頂いたお客さんから「家電」の仕事を、といった具合にシナジー効果を高めていきたいですね。

集客方法をご検討中なら、のマグネット広告戦略はいかがでしょうか

はじめに・電気工事業界の特徴

集客方法をご検討中なら、のマグネット広告戦略はいかがでしょうか

電気工事業界の特徴について、言葉を選ばず表現するとしたら「雑多」という言葉に集約されるでしょう。
まず、仕事を請け負う受注ルートが多様です。サブコン経由の下請けもあれば、地元のロータリークラブ等からの仕事の紹介、官公庁の発注案件、顧客からの直接依頼のケースもあります。
次に、仕事の内容はというと、市街の照明から、屋内配線工事、各種取り付け(アンテナ、空調、テレビ、冷蔵庫、洗濯機等)、点検、故障した製品の修理まで、多岐に渡ります。多様な発注ルートに多様な業務内容でかつ、注力する分野も絞りがたい状態ですから、マネジメントをしていくには非常に難しい業態の一つと言えます。当然仕事に追われることも多くなります。 
  一方で、集客の部分も本来は注力されるべきところですが、多様な業務に追われている中では広告・宣伝にまで多くの時間を避けないというのが、多くの電気工事会社の現状です。さらに、下請け仕事は、発注側であるサブコンの事情に左右され、仕事量や請負金額の面で思ったようにならないことが多々あります。その意味では、効率的に、効果的に広告・宣伝が出来るツールの活用により、直接顧客に働きかけ、ビジネスチャンスを拡大していくことが、より一層求められる業界と言えるでしょう。

電気工事業界の集客方法

それでは次に、電気工事業界で活用可能な集客方法についていくつか挙げてみましょう。

・CM
説明するまでもなく、テレビやラジオといった媒体を活用する方法です。知名度が確実に上がり、会社に対する信用も高めることが可能です。しかしながら、中小の電気工事会社とっては、費用や制作の手間の面でなかなか手が出しづらいといったところが現実です。

・新聞広告
「新聞だったら、怪しい情報が載ることは少ないだろう」と、多くの方が思っていることからも、CMと同様に会社に対する信用度を高めるには有効は方法と言えるでしょう。広告・宣伝の中でも、比較的載せられる情報量が大きく、魅力が伝わりやすいと言えます。
しかし、一方で活字離れが進行していることもあり、新聞を見る人自体が減少傾向であるところは懸念されるところです。その意味では、昔ほどの広告効果を期待するのは難しいところです。宣伝スペースによっては、費用の面もかなり負担になるケースがあります。

・インターネット
会社のホームページを作成して宣伝する方法となります。
ホームページの制作を自分で行えば、費用もほとんどかけずに宣伝が出来るという点では大変便利な方法と言えるでしょう。一方で、見やすく感じの良いホームページを作成するのはそれなりに手間がかかるでしょう。
自分で作れなければ、ホームページ作成の専門会社に依頼する必要がありますが、その際には費用が発生します。また、作ったホームページへのアクセスを増やそうと思ったら、SEO対策をはじめとする手段を講じなければなりません。
さらに、インターネットをきっかけに、様々な事件が起こっていることも考えると、信用度を高めるという観点でも対策が必要と考えられます。これらのことから、インターネットでの集客は思っている以上にハードルが高く、手間がかかり、難しいのが現状です。

・チラシ広告
チラシは、お客様の手元に残るというのが、他の広告媒体にはない特徴です。しかし、それは、「お客様が手元に残していれば」という条件付きになります。
お客様の関心が高い内容であったり、利用頻度が高いテーマであったりすれば手元に残る可能性は高くなります。例えば、子供の学力を向上させたいと考えている家庭にとっては、学習塾のチラシは関心が高いものとなるでしょう。
日頃ピザをよく頼む家庭であれば、宅配ピザのチラシは利用頻度が高く、比較検討の意味でも手元に残る可能性が高いでしょう。
一方、関心も高くなく、利用頻度も少ないテーマであれば、すぐに処分されてしまう可能性が高まります。運よく保管されたとしても、すぐに使うものでなければ、やはりいつの間にか処分されてしまうこともあるでしょう。どのくらいの関心が得られるテーマなのか、どのくらいの利用頻度なのかといったところも考えながらの選択が必要である集客手段と言えます。

・営業カーなどによる広告・宣伝
営業カーのドア面や背面に会社のロゴやメインとなる商品やサービス、電話番号などを載せて宣伝する方法です。
インターネットなどが出てくる以前から行われている集客手段です。宣伝効果としては、営業カーが走行したエリアのお客様に認識されるということになり、その意味では宣伝の範囲が限定される点が難点です。お客様も手元に筆記用具を持っている訳ではないでしょうから、車を見た瞬間、認識して頂いたとしてもすぐに忘れ去られてしまうという所も難点だと言えるでしょう。
しかし、営業カーによる宣伝は他の広告にはない効果が考えられます。それは、「その会社が確かにそこで活動している」という事を知らしめるという効果です。現在では会社の形態は様々なものがありますが、「ホームページは良さそうだが、実際のところどうなのだろう」といった疑問を持つケースはよくあることではないでしょうか。その点では、「その地域で確かに活動していますよ」ということを、実感を持って知らしめるという意味では効果大の方法と言えます。
最近では、宣伝部分を取り外し可能な、車用マグネットシートを活用した広告・宣伝をするケースも増えてきています。これであれば、手軽に宣伝内容を変えていくことも可能ですし、営業カーについても必ずしも自前で用意する必要はなく、レンタカーを調達して、車用マグネットシートを取り付け、広告宣伝することが可能です。このように、従来から行われている車を用いた広告・宣伝も、これまでとは違った方法が出てきました。

お客様の立場から見た広告・宣伝

販促品による集客ならマグネット広告が効果的!

さて、ここで改めて、お客様の立場から見た、電気工事会社の広告・宣伝はどのような形が理想的なのかを考えてみたいと思います。是非、これをお読みの皆様もお客様の立場になって考えてみていただければと思います。 電気工事会社に何か仕事を頼みたいなという時、いくつか決め手があるでしょう。費用の面もそうでしょうし、対応力の良さ、などというのも重要かもしれません。
しかし、特に初めての仕事を頼む際には、言葉にすると月並みになるかもしれませんが「信用」というのがかなり重要になってくるのではないでしょうか。ここで言う、「信用」とは、先に挙げた「対応力の良さ」と重なってくるところもありますが、ここで使う「信用」とは、これとは少し違う部分をイメージしています。それは、「その会社が確かに存在している」という意味での「信用」です。
御承知のように、電気工事は、お客様の自宅や敷地に入ることが多く、ある意味お客様から、「自分のウチに入れて大丈夫かな」という警戒感を持たれがちな仕事です。話がやや極端になりますが、時折テレビなどで、盗聴器が知らず知らずの内に取り付けられていたというのを放送しています。こんなこともあると、先ほどのような警戒感はより一層強まります。
そんな警戒感を取り除く為には何が有効か。それは、「その会社が、確かにその地域で仕事をしていますよ」ということを、世間にしらしめることです認識して頂くことです。世間に顔が知れ渡っていれば早々悪いことはできないと、人々は考えるからです。そのように考えますと、インターネットもいいかもしれない、チラシもいいかもしれない、でも車による宣伝というのは、特に電気工事会社にとっては、重要なファクターだと言えるのです。
さらに、電気工事を頼むという場面はいろいろあるとは思いますが、その中でも「故障した時」に仕事を依頼するケースは相当高いです。電気が故障したときというのは、電源がない、ついてはパソコンも使えない、というケースも多いでしょう。気持ちが焦っている、という事もあるかもしれません。そのように考えていくと、ネットにつながなくても、生活の中で、常に目が届くところに電気工事会社の情報が存在していること、生活に溶け込んだところに、その会社の情報があることが重要なのです。

マグネット広告を活用した販促方法

では、上記のような広告・宣伝を実現する為にはどうしたらいいでしょうか。先程、車用マグネットシートの紹介をしました。レンタカーの例のように、マグネットシートを張り付けるだけで、車によるフレキシブルな広告・宣伝が可能になります。
そして当然ですが、マグネットシートは車用だけではありません。ご家庭の冷蔵庫に張り付けるタイプのものがあります。こうしたものと組み合わせることで、広告・宣伝にさらにドライブをかけることが出来ます。
例えば、マグネットシートにはトムソン加工と言って、好きな形に加工できるものがあります。こうしたものを選択して、親しみやすいデザインのマグネットシートを作成する、目立つデザインのマグネットシートを作成するなどが出来ます。
さらに、「マグネットメモ」というものもあります。文字通り、マグネットとメモ帳がセットになったもので、配布物としても非常に重宝されるものです。このマグネットメモを、仕事を依頼してくれたお客さんに大目に配る、あるいは何かのイベントに参加される機会があれば、そこで配る等をしていけば、クチコミという、理想的な集客も夢ではありません。
ここまで来れば、車用マグネットシートで会社を知らしめ、更にお客様の家庭の中でも会社の情報が目に入ることで、会社に対する認知は格段に高まることでしょう。

最後に

ここまでお読みいただければわかるとおり、電気工事会社の広告・宣伝はマグネットシート一本で、より一層効果的にすることが出来ます。
先述のとおり、広告・宣伝には様々なものがありますが、忙しい仕事の合間を縫って戦略を考えるのは、それが好きな人はいいかもしれませんが、苦手な人にとってはなかなか大変なものです。ましてや、効果が出るまでに、あるいは効果を実感するまでに時間がかかったりすれば、精神的な負担はかなり大きなものになってしまいます。
弊社では、マグネットシートを活用した効果的な集客を数多く提案する事が出来ます。弊社は、マグネットシートで、あなたのビジネスを強力にサポート致します。